昔から、テレビゲームでは、アニメを題材にしているものは、ほとんどの物が面白くないという黄金法則があり、私も中学生から、この法則に従って、何度も苦い思いをさせられてきました(笑)

このロジックのどのようになっているのか?という事を考えると、今現在人気のあるアニメやマンガなどを題材にしてゲームを発売するという事は、当然ですが、そのアニメやマンガの人気がなくなってきているところで発売をすると、とてつもなく悲惨な結果になってしまう訳です。

そう考えると、いつ人気がなくなるかもしれないアニメのゲームを開発している方も、かなりビクビクしながら、早く発売して売らないと!という気持ちなのではないかと思います。

そういったところを考えてみると、開発期間が短い中で強引に作成されて、はっきり言って面白くもないし、システム的にそもそも問題がある…というようなゲームがたくさん出てしまった事は、おそらくこんな感じの大人の事情が関係していたのだろう…と、自分が大人になってから思います(笑)

IMG_3278

でもやっぱり、ガンダムのようなもうずっと昔から存在しているようなアニメやマンガで、この先もおそらく人気が下がる事はないだろう…というアニメについては、実際にゲームそのものも面白いものが結構で出来ていますよね。

もちろん、今のインターネット社会では、変なゲームを出してしまったら、ファンから鬼のように叩かれ、アマゾンではもはや星が1個の連発というとんでもない事態になり、新品価格が800円とかいう恐ろしい事にもなるので、もう変なものを出すことはできない…というところもあるのでしょうけどね。

私は以前は、アマゾンのレビューなどはほとんど気にせずにゲームを買っていましたけども、最近はかなり気にするようになりました。

それというのも、やっぱり買ってみたら期待はずれというものが結構あり、時間がない中でゲームをするのに、変なものを引いてしまったら、お金の無駄だけではなくて時間の無駄にもなるという感覚からですね。

また、普通にアマゾンのレビューを見ていると、なかなか文才のある方が多く、それを読んでいるだけで楽しい(笑)というところもありますね。

とりあえず私は、人生がもう少しヒマになったら、購入してから全然タッチしていないガンダムのゲームをやろうと思います。