社会人になるとやはりなかなかゲームを充分にある時間はなくなってくるので、このゲームを後でやろう!と思って、発売日に予約特典付きで購入してみたものの、結局のところ、全然やらないまま、時間ばかりが過ぎていく…というパターンが結構あります。

IMG_3277

また、トドメに、そういった期待をして買っていたゲームが、自分がプレイする前に、どんどん時間が過ぎていた結果、アマゾンに、非常に悲惨なレビューが連発で入っているのを見ると、それをやろうというテンションが相当なまでに下がります(笑)

基本的に、ここ数年やったゲームの中では、自分の中で、期待していた以上に面白かった!というものは、龍が如くの維新くらいでしょうか。

このゲームは、言うまでもなく、今ではセガの看板タイトルとなっていますが、やくざモノから侍モノを出してくる…という言ってみれば、なかなかチャレンジ的な企画だったと思うのですが、これがストーリーも非常にしっかりしていて、しかも、今の現代に対してのメッセージ性のようなもの?もあり、またゲーム内容としても非常に楽しめました。

基本的に、仕事をするようになってからは時間があまりないので、ゲームをコンプリートする事などはほとんどなくなってきましたけど、そういった徹底的なやりこみというレベルを別に考えたとしても、このゲームはかなり面白かったですね。

そのせいもあってか、次の 0 については、私の中ではせいぜい65点ぐらいという感じになってしまいましたけど(笑)

私が若い頃を思い出してみると、年末になれば、新しい人気タイトルのゲームが投入されるのを、今か今かと待っていたものですが、ここまで世の中にいろんな原因が溢れていると、そういった待ちに待っていた!というような感覚は、結構薄れてきますよね。

今年の年末は少し仕事がヒマになりそうな気配もあるので、そうなったら、積み上げたままやっていないゲームを、まずは楽しみたいと思っています。